ULメモ

みちのく潮風トレイル【歩行記】ULギアで歩くロングトレイル9泊10日

2024年4月25日

みちのく潮風トレイル

 

オモ太
・みちのく潮風トレイルが気になる
・1日どれくらい歩くの?
・どんなルートで歩いたか知りたい

 

2024年4月に「みちのく潮風トレイル(MCT)」を9泊10日で歩いてきました。

福島県相馬市から宮城県気仙沼市まで約340kmをどんなルートで歩いたかまとめてみました!

 

この記事でわかること

  • みちのく潮風トレイル9泊10日の行程
  • どんな場所に泊まったか
  • 1日の歩行距離

この記事では、みちのく潮風トレイルの9泊10日の行程を公開しています。

 

✔️  UL(ウルトラライト)歴

カル吉@ul_compass

✅  UL登山歴6年目
  (ソロ&縦走&ロングトレイル)
✅  ベースウェイト3kg未満
  (現在のギアリスト
✅  ULギア投資額200万円超
  (個人輸入実績◎)

無限の好奇心でUL情報をシェアしてます。

軽量化の『スキルとノウハウ』で気軽に身軽に自由にハイクを楽しみましょう!

 

今回のロングトレイルは、スタートのみを決め、1日ごとの詳細な行程や野営地(宿泊地)、そしてゴールは設定しませんでした。

その結果、誰かの真似ではなく自分だけの旅ができたと感じています。

 

天気にも恵まれ5日目の補給日以外は、テント泊&ビビィ泊を楽しむことができました。

みちのく潮風トレイルを歩こうと思っている人に1つでも参考になればと思います。

 

カル吉
気まぐれな10日間のトレイル

 

 

【0日目】使用ギア&準備

今回のロングトレイルのためにベースウェイト3.4kgのギアリストを構築して快適に歩く準備をしました!

ロングトレイル装備
ULギアで軽量化!国内ロングトレイル装備リスト【ベースウェイト3.4kg】

続きを見る

ロングトレイルの準備
みちのく潮風トレイル【準備編】ULギアで歩くロングトレイル9泊10日

続きを見る

 

 

【1日目】相馬市〜新地町

行 程

 

感 想

みちのく潮風トレイル(松川浦環境公園)
みちのく潮風トレイル【相馬市〜新地町ルート】歩き方&宿泊(野宿)地

続きを見る

 初日は、自宅から相馬駅(福島県)までバス&電車で移動。

 相馬駅からスタート地点の「松川浦環境公園」まで約4km歩き、午後2時トレイル開始。

 距離は伸びなかったが、翌日の雨に備えて早めにテント泊。

 

 

【2日目】新地町〜亘理町

行 程

 

感 想

みちのく潮風トレイル(四方山展望台近くの広場)
みちのく潮風トレイル【新地町〜亘理町ルート】歩き方&宿泊(野宿)地

続きを見る

 2日目は、予定通り雨スタートとなり、今回のトレイルから導入した傘が役に立った。

 それでも雨&強い風の中の海沿いの長い舗装路はきつかった。

 野営地に到着する頃には雨がやみ、海を見ることができた。風が強かったため、この日もテント泊。

 

 

【3日目】亘理町〜名取市

行 程

 

感 想

みちのく潮風トレイル(名取トレイルセンター)
みちのく潮風トレイル【亘理町〜名取市ルート】歩き方&宿泊(野宿)地

続きを見る

 3日目は、山からスタートでテンションが上がったがすぐに長い舗装路。

 高い防潮堤で海も見えないため、日傘を差しながら「名取トレイルセンター」まで淡々と歩いた。

 閉館間際に到着したため、シャワーや充電の恩恵を受けることなくテント泊。

 

 

【4日目】名取市〜塩竈市

みちのく潮風トレイル(マリンゲート塩釜)

行 程

 

感 想

みちのく潮風トレイル(マリンゲート塩釜)
みちのく潮風トレイル【名取市〜塩竈市ルート】歩き方&宿泊(野宿)地

続きを見る

 4日目は、つま先の糸がほつれたシューズのリペアからスタート。

 この日はトレイル(不整地)はほぼなく、街中を歩き続け「マリンゲート塩釜」に到着。

 天気が良かったため、近くの公園で初のビビィ泊。

 

 

【5日目】塩竈市〜石巻市(市街地)

行 程

 

感 想

みちのく潮風トレイル(野々島)
みちのく潮風トレイル【塩竈市〜石巻市(市街地)ルート】歩き方&宿泊(野宿)地

続きを見る

 5日目は、始発の船(5時50分)に乗って3つの島巡り。

 本来であれば、最後の島から航路で移動するが事前予約できなかったため、塩釜駅に戻って野蒜駅まで電車移動。

 この日は、食料の補給&お風呂&洗濯のため、ホテル泊。

 

 

【6日目】石巻市(市街地)〜石巻市(牡鹿半島南部)

行 程

 

感 想

みちのく潮風トレイル(田代島の猫)
みちのく潮風トレイル【石巻市(市街地)〜石巻市(牡鹿半島南部)ルート】歩き方&宿泊(野営)地

続きを見る

 6日目も、船に乗って2つの島巡り。

 船を待っている間、猫と遊んだり、ビーチでゆっくり過ごせた。

 距離は伸びなかったが、明日の「金華山」に向けて鮎川港近くの公園でビビィ泊。

 

 

【7日目】石巻市(牡鹿半島南部)〜女川町

行 程

 

感 想

みちのく潮風トレイル(金華山)
みちのく潮風トレイル【石巻市(牡鹿半島南部)〜女川町ルート】歩き方&宿泊(野営)地

続きを見る

 7日目は、日曜日だけ出港する船に乗って「金華山」へ挑戦。

 ハイペースで歩けば定期船の滞在時間1時間40分でも登頂可能(登り40分、下り30分)。

 下山後は港に戻り、海を見ながら歩き続け、女川駅近くの公園でビビィ泊。

 

 

【8日目】女川町〜石巻市(北上)

行 程

 

感 想

 8日目は、久しぶりに序盤から山が連続してテンションUP。

 その後はリアス式海岸に沿った舗装路が続き、キレイなビーチで目の保養。

 今回のトレイルで初の50kmオーバーを歩き、公園でビビィ泊。

 

 

【9日目】石巻市(北上)〜気仙沼市(本吉町)

行 程

 

感 想

 9日目は、舗装路スタートからの山に登るのも舗装路。

 最後は山に泊まろうと「田束山」まで歩くがトイレが閉鎖のため断念。

 50km過ぎに力尽き、飲み水が確保できない公園でテント泊。

 

 

【10日目】気仙沼市(本吉町)〜気仙沼市

行 程

 

感 想

 10日目は、帰宅のため最寄り駅までのショートウォーク。

 始発に乗るために4時に起床し、クサい靴下を履いて出発。

 最後に気仙沼市の看板を見ることでできてラッキー。

 

 

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

終わってみると事前に目標としていた『1日30km程度歩くこと』を達成できました!

事前に準備したロングトレイル用のギアも十分に役割を果たしてくれたと思います。

ロングトレイルの準備
みちのく潮風トレイル【準備編】ULギアで歩くロングトレイル9泊10日

続きを見る

 

雨も少なく「最低気温約2℃〜最高気温23℃」という歩きやすい4月中旬という時期選びも正解でした。

福島から北上(NOBO)したことにより、桜を長い期間見ることもできました。

 

ある程度の想定外はありましたが、その日に起きることを楽しむ余裕のある旅となりました。

各日ごとの詳細なルートや感想、「本当に使えたギア・不要だったギア」のレビュー記事も作成する予定ですのでお楽しみに!

-ULメモ