バックパック

ULバックパック比較【山と道 MINI2&Zpacks Nero Ultra38】違いは?

2023年12月5日

山と道のMINI2とZpacksの Nero Ultra 38L

 

オモ太
・ULなバックパックを探している
・山と道とZpacksが気になっている
・MINI2とNeroを比較して欲しい

 

定番の山と道のMINIシリーズが欲しいが、完全防水素材を使用したZpacksのNeroも気になるけど、違いはなに?

そこで、山と道のMINI2とZpacksの Nero Ultra 38Lを比較します!

 

この記事でわかること

  • 各バックパックの特徴
  • スペック&機能比較
  • まとめ

この記事では、山と道とZpacksのULバックパックの「スペック」や「機能」を比較しています。

 

✔️  UL(ウルトラライト)歴

カル吉@ul_compass

✅  UL登山歴5年目
  (ソロ×泊あり縦走)
✅  ベースウェイト3kg未満
  (現在のギアリスト
✅  ULギア投資額100万円超
  (個人輸入実績◎)

無限の好奇心でUL情報をシェアしてます。

軽量化の『スキルとノウハウ』で気軽に身軽に自由にハイクを楽しみましょう!

 

ギアの軽量化が進んでくと『より軽量で小さいバックパック』が欲しくなるものです。

今回は、フロントメッシュポケットのある重量450g未満&容量30L後半のバックパック2つを比較します。

 

山と道のMINI2は、比較的軽い荷物(5kg程度)を背負いスピード重視で歩く場合に最適です。

ZpscksのNeroは、ある程度の重量(8kg程度)を背負い長い距離を歩く場合に最適です。

 

カル吉
この2つを同時に見る機会は少ない

 

 

 

比較した2つのバックパック

2つのバックパックの共通点は次の3つです。

共通点

⚪︎重量が450g未満でフレームレス
⚪︎容量30L後半でテント泊も可能
⚪︎大きなフロントメッシュポケット

 

山と道 MINI2

山と道のMINI2は、大人気モデルのMINIのフロントポケットをメッシュ仕様に変更したUL色の強いバックパックです。

山と道 MINI2
山と道『MINI2』全機能レビュー|テント泊対応ULバックパック

続きを見る

 

Zpacks Nero ULTRA 38L

ZpacksのNero ULTRA 38Lは、ハイテク素材を使用することで超軽量ながら完全防水のバックパックです。

Zpacks Nero Ultra 38L
Zpacks”Nero Ultra 38L”レビュー!完全防水&高耐久ULバックパック

続きを見る

 

 

スペック&機能比較

今回は、次の10項目で比較しました。

比較項目

・重量
・容量
・素材&防水性能
・メインポケット
・フロントメッシュ
・サイドポケット
・ロールトップの開閉部
・ショルダーベルト
・背面パッド
・背負い心地

 

重量

MINI2は、実測448g(本体400g+背面パッド48g)です。

Neroは、実測324g(本体300g+背面パッド24g)です。

MINI2

Nero

 

容量(スペック値)

MINI2は、35L(Mサイズ)、38L(Lサイズ)です。

Neroは、38L(メイン25L、フロントメッシュ8L、サイド2.5L×2)です。

MINI2

Nero

 

容量(実際)

メインポケットにトイレットペーパー24個(8ロール入り×3パック)、メッシュポケットに600mlのペットボトル6本を入れた様子です。

メインポケットは、Neroの方が若干余裕があります。メッシュポケットの容量に大差はありません。

山と道のMINI2とZpacksの Nero Ultra 38Lの容量比較

 

素材&防水性能

MINI2は、加水分解しにくい耐久性撥水加工の生地(70D HT PC Coated Ripstop Nylon)を使用しています。

Neroは、全体に防水生地(Ultra100)を使用し、縫い目もシームテープ加工してあります。

MINI2

Nero

 

メインポケット

MINi2は、荷重を上部に集中させるため、底面から吹流しまで逆台形の形をしている。

Neroは、クローズドセルパッド(山と道UL Pad 15 100cm)を入れても余裕があります。

MINI2

Nero

 

フロントメッシュ

MINI2は、縦約32cm×横約25cmで上部のゴムコードで開閉が可能です。

Neroは、縦約39cm×横約28cm上部にゴムが入っています。

MINI2

Nero

 

サイドポケット

MINI2は、フロントメッシュと同じ素材を使用しています。

Neroは、本体と同じ素材を使用し、下部に排水穴があります。

 

MINI2

Nero

 

ロールトップの開閉部

MINI2は、開閉ストレスの少ないドローコード式を採用しています。

Neroは、防水性と圧縮性の高いロールトップクロージャーを採用しています。

MINI2

Nero

 

ショルダーベルト

MINI2は、コシのある幅約7cm、厚さ約1cmのベルトです。

Neroは、フレキシブルに動く幅約7cm、厚さ約1cmのS字のベルトです。

MINI2

Nero

 

背面パッド

MINI2は、就寝時にも使用可能な半身サイズのパッド(実測48g:45cm×90cm)が内蔵されています。

Neroは、取り外しが簡単な座布団サイズのパッド(実測24g:28cm×39cm)がゴムコードで外付けされています。

MINI2

Nero

 

背負い心地

MINI2は、耐荷重8kg推奨で、背中の上部で背負う感じです。

Neroは、耐荷重9kg推奨で、背中全体で背負う感じです。

MINI2

Nero

 

 

MINI2にしかない特徴

国内ガレージブランドのため、山と道の直営店や取扱店で実物を確認しやすいのが最大のメリットなります。

 

MINI2だけの機能

・外付けコードが標準装備
・豊富なカラーバリエーション
・キーフックがある

 

フロントメッシュの内部にキーフットがあるため、ペグケースなど大切なものをなくす心配がありません。

 

 

Neroにしかない特徴

完全防水生地を使用しながら、シンプルな構造にすることで本体重量を300g以下と超軽量な点が最大のメリットです。

 

Neroだけの機能

・完全防水の生地を使用
・外付けの背面パッド
・純正アクセサリーが豊富

 

純正アクセサリーが豊富なため、自分好みにカスタマイズできる点も楽しみの1つです。

 

 

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

MINI2とNeroを比較してみましたが、大きく違うのは『重量・防水性能・背負い心地』の3点です。

特にもバックパック自体の防水性の有無と背負い心地(重心や荷重のかかる部位)は好みが分かれそうです。

 

晴れの中、1泊の荷物(食料水込み5kg程度)を背負うのであれば、MINI2の方が軽快に歩くことが可能です。

天候が変わりやすい3泊以上の荷物(食料水込み8kg程度)を背負う場合は、Neroの方が肩への負担は少なくなると思います。

 

その他、比較して欲しい点や疑問点があれば、お気軽にコメントをお待ちしております。

-バックパック
-, ,